治療後のメンテナンス

インプラント治療は手術が終わったらそれで終わりというわけではなく、きちんとメンテナンスを行ってあげることが必要になってきます。
手術後1年間は3か月から4か月に1回という頻度で手術をしてもらった歯科に行ってインプラントの周囲に炎症が起きていないのかとか、人工歯が緩くなっていないかとか、噛みあわせに問題がないのかとか、口腔の衛生状態はどうなのかなどのチェックを行ってもらいます。
2年目以降は1年に1回程度の定期検診を受けるということでいいです。
インプラントが長期間にわたり機能することを目的としていますので、定期的にメンテナンスのために歯科に訪れることは必要になってきます。
治療で終わりということではなく、インプラントのメンテナンスも含めて行うということになります。
メンテナンスをきちんと行わないと、せっかく高いお金を払って手術してもらったインプラントが無駄になってしまうという可能性があります。
インプラントになると歯周病の心配がなくなるというのは間違いということになります。
確かにインプラントによって虫歯になることはありませんが、インプラントによって歯周病にはむしろ感染しやすくなり、その結果としてインプラントがダメになるということがありますので、しっかり歯科により定期的なメンテナンスや歯磨きなどでケアしていく必要があります。
家庭でのケアというのも重要になっていきます。
子供のころから習慣として行ってきた歯磨きというのはインプラントを長持ちさせるために必要になっていきます。
歯垢や歯石をとるためにも歯磨きだけではなく歯間ブラシなどの使用も併せて行うといいかもしれません。
インプラントの治療費が高額になりますので治療費というところに目が行くのは当然のことになりますが、インプラントの維持に関しては本人次第ということになりますので、きちんとメンテナンスのことも頭に入れてほしいと思います。
インプラントが無駄になるのはもったいないことになります。