できないケースは?

インプラント治療が行いやすいのは骨の量と質を兼ね備えていて、健康状態が良好な人になります。
理想としては横に4mm程度と縦に1㎝程度の幅と厚みがあり、かつ土台として十分な硬さを持っている骨があることです。
それではインプラント治療ができにくいケースというのは治療を行いたい箇所の骨の量と質が十分でないということになります。
それでも、骨移植などを行えるのであればインプラントを行える可能性はあります。
インプラント治療を行う可否としてはインプラントが打てるだけの骨があるのかということと、歯だけでない全身の健康状態がいいのかということを判断することになります。
例えば重度の糖尿病や腎臓病、肝臓病を持っている場合にはインプラント治療ができないということになります。
こられの病気を抱えている人がインプラント治療を行いたいという場合には主治医に相談するということになります。
糖尿病の場合は手術後に細菌が感染して歯周病になりやすいということが言われています。
また、血糖値をコントロールができないという場合はインプラント治療ができないということになります。
腎臓病の場合は免疫が低下して傷が治りにくく骨との結合が難しい場合があります。
肝臓病の場合は血液が止まりにくい場合があります。
重度の歯周病の場合もインプラント治療に適さないということがあります。
歯がぐらぐらして抜けるのは歯周病が原因となっていることが多いです。
歯周病を抱えているということであればまずは歯周病を直してからインプラント治療に臨むということになります。
喫煙習慣がある場合もインプラント治療ができないということがあります。
喫煙によって歯周病に対する免疫力を低下させるので、仮にインプラント治療を行った場合には細菌が感染して歯周病になりやすいということが言えます。
他にもインプラント治療に耐えれないような精神的そして肉体的な疾患を持っている人に関しては印譜ランチ治療が行えないということがあります。