インプラントは保険がきくのか?

インプラントをやってみたいと思っていても高額な治療費がかかるため勇気が出ないということは少なくないのではないでしょう。
他の歯科治療と比べてインプラントの治療費が高額になるのは健康保険に適用されないような自由診療ということになります。
自由診療なので治療費は100%自己負担ということになります。
インプラントが自由診療ですからそれぞれの歯科によって治療費が異なるということが起きます。
全国の歯科医院を対象にした日本インプラントセンターの発表によると、2011年度のインプラント治療の平均価格は32万5000円です。
患者さんごとに具体的な治療内容が異なってきますので、一般的なインプラントの治療費は1本当たり30万円から45万円という風な認識でいいのではないでしょうか。
インプラントの治療費の変動要因としては患者さんのもともとの歯の状態や具体的に治療を行った内容、装着する人工歯と人工歯根の種類、手術のむずかしさなどになります。
これらに相まってどういう器具を使用しているのかや医師がどれだけもうけをとるのかということもあります。
基本的にはインプラントの治療費は歯科がそれぞれ治療費を決めています。
インプラントの治療費がそもそも高いから格安というのを売りにする歯科が出てくることもあるでしょう。
もともと、インプラント治療自体が歯科の中でも高度な技術を必要にするものになりますので、それなりの料金がかかってしまうというのは仕方がないことです。
格安だからという理由だけで歯科を選ばずに、自分がインプラント治療を受けたい歯科を選ぶということが大切になります。
インプラント治療は健康保険の適用外になりますが、医療費控除の対象にはなっています。
医療費控除とは病院で診察を受けて年間合計10万円以上の医療費がかかった場合に納めた税金の一部が還付される制度ということになります。
医療費控除を申告するためには必ず領収書(レシート)が必要になります。