インプラントにする際の確認必須ポイント

歯肉炎等が原因で歯根が脆くなり生まれながらに持っていた自分の歯で飲食をする際に咀嚼をする事が出来なくなった場合、インプラントという人工の歯根を顎骨に埋め込むと自分の歯で咀嚼しているかのように、美味しく食事を頂く事が可能になり満足感を味わうことが出来るようになります。
結果として、QOL(QuolityOfLife)の低下を避けられるので今日日の歯科界では、大変注目を集めています。
まずこの治療を成功させるために必ず必要な事は、CT検査(ComputedTomography)を行う必要があります。
なぜならばこの検査によって顎や歯等の大きさ等を厳密にかつ、3次元レベルで計測をすることが出来るからです。
施術を受けようとしている歯科クリニックで、CT検査を行う為の装置がなかったり施術項目に確実に含まれているかどうかを予めチェックしておく事が大切です。
次に確認すべき点としてはどの様な手術方法をとるのかという点です。
それは人それぞれが顔・体形等が異なる様に、顎の形や大きさや口腔内の環境も異なりますから、例えばAさんには適切な手術方法であっても、Bさんには適切な方法ではないという事があるからです。
施術前に歯科医に納得出来るまで詳しく、手術方法を聞きましょう。
最後に何処のメーカーのインプラントを採用すべきかという事です。
言い換えるのであれば何処のメーカーが一番良いのか、あるいは安全かつ安心して使えるのかという事で、施術を受ける側としては当然気になる所です。
現在は世界レベルで見れば100を超える程のメーカーが存在していますが、最もお勧め出来るのは、インプラント・メーカーのパイオニアである老舗メーカーをお勧め致します。
理由は、信頼性も高く実績も豊富だからです。
以上の事ができていれば、安心して施術を受けられる事でしょう。