歯科インプラントとは

インプラントという医学用語は人工の部品を体に入れるという意味で使われる言葉ということになります。
美容整形外科でシリコンを入れて豊胸手術をするといったことや、整形外科で人工関節を入れるといったことなどが一例として挙げられます。
そこで今回テーマとなっている歯科インプラントというのは、歯のない場所のあごの骨に穴をあけて人工歯根を埋め込んでそれがあごの骨と結合したら、その上に1本の人工の歯冠を作製するということになります。
それによって歯の噛む力を取り戻すことができるのが歯科インプラントの利点ということになります。
人工歯根にはチタンという金属を使用します。
チタンは強度に優れていて人体に拒否感脳を起こすことがなく骨とチタンが半永久的に結合するということが証明されています。
歯科インプラントはあごの骨に人工歯根を埋め込むために手術が必要になります。
歯科インプラントのメリットとしてはインプラント本体があごの骨にしっかり固定されているために、天然の歯とほとんど変わらない噛み心地を散り戻すことができます。
噛む力がインプラントに伝わるので、残りの歯に負担がかからないということになります。
他には、歯科インプラント治療のために、周りの歯を削ったり、支えとして使用することがないので、残りの歯を傷つけるということがないということが言えます。
歯科インプラントはきちんとメンテナンスを行えば半永久的に効果が持続することになります。
歯科インプラントのデメリットはあごの骨を削るための手術が必要というのと手術に必要なお金がかかるということになります。
そして自由診療ということになります。
歯科インプラントの手術が終わったとしても数か月に一回の歯石除去などの定期検診が必要になりますし、毎日のメンテナンスが必要ということになります。
ただし、歯科インプラントの手術を行う際にあごの骨が弱いと手術を断られることがある点に注意してください。